引っ越し見積もり手続き.com

私が利用したお引っ越しの見積もりや、おすすめの引越会社について書いています。

引っ越しの見積もりを安くしたいならコチラ 『引っ越し難民』が増加するというニュースを見て、もし引っ越し難民になるかもしれないと思ったときにすべきたった一つのこと

   

『いい引越しをしたい人』にしっかりと『最後まで』読んで欲しい!『たった132秒』で読める記事です。もしくは登録しといてください!

毎日新聞の記事で引っ越し難民が増加するというニュースが出ました。

内容はこうだ。

転勤や進学などの春の引越しシーズンを控え、希望日に引越出来ない『引っ越し難民』が増える可能性が高まっているということ。その理由はヤマトホールディングス(HD)の引っ越し子会社(ヤマトホールディングス)が料金を過大請求していた問題で国土交通省の行政処分を受け、引っ越しの引き受けを停止しているのです。人手不足でほかの引っ越し業社も大量の受注は困難なので国土交通省は利用者に引越し時期を分散するように異例の呼びかけを行っています。

ヤマトホームコンビニエンスは去年の夏、法人向け引っ越し料金の過大請求問題が内部告発により発覚しました。その8月から引っ越しの新規取引を停止しています。そして2019年1月23日に国土交通省から貨物自動車運送事業法に基づく事業改善命令を受け、不正が確認された123支店が車両使用禁止の行政処分を受けました。このため引っ越し業務の再開は4月以降となり繁忙期の3月は引っ越し業務の停止が続きます。

国土交通省によると引っ越しは毎年3月、4月に集中。最も多い3月はヤマトホームコンビニエンスを含む大手引っ越し業者は6社で33万件と平常時の約2倍の件数となります。

ヤマトホームコンビニエンスのシェアは1割程度とみられていますが大手業者の担当者は『ヤマトの顧客を他社が引き受けるのは、人手不足とトラックの確保に限界があり難しい。新規の顧客を受け入れる余裕はない』と話します。

アート引越センターは3月~4月の受注を5%増やす計画だが、引っ越しのサービスの品質保持の為17年に2割抑制したことから、今春も大幅な受注増は期待できないといいます。

要は新規のお客はやる余裕がない!ってこと!!

新規のお客様って誰のことかというと実はインターネットの一括サイトを使っている人のことです。インターネットで安い引っ越しを検索している人!あなたは一般の新規客なので気を付けないと引っ越し難民となってしまいます!

一般の新規の客がすべきたった一つのこと

まずはこのサイトを使ってみて下さい!そして最後の備考欄に『引っ越し見積もり手続き.comを見ました』と入力して下さい!!

大切なことなのでもう一度書きます。『引っ越し見積もり手続き.com』を必ず入力してください

私のこのサイト『 引っ越し見積もり手続き.com 』も運営開始以来、3,000件以上の利用者を誇ります。この実績は私の中の誇りです。お待かせください!引越侍を利用して引っ越し難民にならないようにしましょう!

引っ越し安く見積もりするなら

 - 引っ越し難民

いい引っ越しをしよう。

いい引っ越しをしよう。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

関連記事はありませんでした